カテゴリ:厚木基地情報( 2 )

【解説】ATISについて(※随時更新)

この稿は、厚木基地のATIS(Automatic Terminal Information Service)につい
て完全解説を目指す。ATISは24時間エンドレステープで流しており、更新は
(厚木の場合)原則として1時間おき。
いつでも聴けて、繰り返し同じ内容を喋っている事から、ABL(Air Band
Listening)の耳慣らしに好適なのは勿論、RWや気象情報等、なかなかに便利な
情報が詰まっている。
当面は思い付いた事から、書いてくが、随時更新して行くのでお楽しみに^^v
まずは、ある晴れた日の16時台のATISをモデルに、放送例を作ってみた…

【放送例】
Atsugi airport information K(iro)
with obserbed at 0700
wind 130 degrees at 3knots
visibility 30km
sky
FEW 2,000
FEW 4,000
FEW 20,000
temprature 6
Dew point -8
QNH 30.20
RunWay 01
field condition VMC
Delta east taxi way closed
South arresting gear No, wire
Advised you have informaton K(iro)

【訳文】
厚木エアポートが提供する。情報番号「K」※1
7時00分(GT+0)の情報※2
風向130度、風速3ノット(南東の風、1.5m)※3
視程:30km
天気:※4
2,000フィートまで…雲量1/8〜2/8
4,000フィートまで…雲量1/8〜2/8
20,000フィートまで…雲量1/8〜2/8
気温:6℃
露点:-8℃(※5)
気圧:30.20inch.Hg(1022hPa)※6
使用滑走路:01(※7)
気象状態:VMC(有視界飛行状態)
タキシング走路:D走路(東)は閉鎖
南側滑走路に於ける拘束制動装置(ワイヤー)設置なし※8
この放送を受信した旨は、情報番号Kとお知らせ下さい。

【脚注】
※1:通話表に従い「キロ」と読む
※2:時刻は国際標準時(GMT)で表現する。日本時間(GMT+9)では16時00分
※3:1ノットとは、1海里(1852メートル)毎時の事で、0.51m毎秒
※4:全天における雲の量
Few(FEW) …全天の1/8〜2/8
Scattered(SCT) 全天の3/8〜4/8
Broken(BKN) 全天の5/8〜7/8
Overcast(OVC) 全天の8/8
※5:結露する温度
※6:大気圧は「inch/Hg(インチ/水銀)」で表現するので、QNH=29.92が
760mm.Hg、つまり1013hPaとなる。これだとピンとこない場合、こんな計算
式でhPaに換算できる…

大気圧(hPa)=QNH値×25.4(mm)÷760(mmHg)×1013(hPa)

※7:滑走路は、その走行方向の360分儀を10で割った数で表現される。
01(ゼロワン)の場合北から10度方向、およそ北北東となる。
反対側は19(ワンナイナー)で北から190度方向、およそ南南西となる。

※8:通常は空母の飛行甲板に張られ、着艦する航空機のフックをこれに引っか
け、停止させる装置。厚木では空母への着艦資格試験のため、滑走路に装備可能。

※写真は2006年1月9日のHS-14 Chargers、本文とは関係ありませン^^;
a0053837_1912536.jpg

[PR]
by d-back | 2006-01-09 12:16 | 厚木基地情報

厚木基地ってどんなとこ?(随時更新)

a0053837_10394583.jpg

厚木基地は上の地図の様なあらましです。
まず滑走路ですが、これはおおむね南北に伸び、RW(RunWay=滑走路)は、
01/19(※)となります。
(※数字は航空機が離発着する方向で、360度方位を10で割った数字です。
よって、01は(北から)10度方向、だいたい北北東を指し、同様に、19であれ
ば190度方向、だいたい南南西を指します。ちなみに01はゼロワン、19はワン
ナイナーと読みます)
航空機は向かい風で離着陸しますので、秋~冬は01(北方向)、春~夏は19
(南方向)へ離着陸することが多いです。
なお午後は海上の気温上昇に伴い、海風(南より)が吹く為、南風となることが多く、
北西風ベースの冬場はランチェン(runway change)が多いです。

さて、この基地は、原則として民間機の利用が無いので、海上自衛隊または米海
軍/海兵隊の訓練が行われるときしか飛行機は飛びません。
訓練が行われるのは原則として平日で、月~水が一番良く飛びます。また自衛隊
の場合、祝日は休みです。逆に、米軍機はアメリカの祝日が休み(日本の祝日は
関係ない)なので、米軍機を見たいけど、平日は休めない人の場合は、祝日に展
開する(※)といいでしょう。
(※航空ファンの間では、撮影やウォッチに行くことを「出撃」とか「展開」とかいいます)

最寄り駅は、RW01方面なら相鉄・相模線『相模大塚』または、小田急江の島線
『大和』で、RW19方面なら、同じく小田急江の島線『桜ヶ丘』です。
徒歩だといずれの駅からも20~30分程度かかりますので、勢い車利用が中心と
なりますが、撮影ポイントとなる付近には、公共の駐車場が無いので、迷惑にな
らないよう充分注意しましょう。

写真撮影等は、はじめは基地の外周を回ってみると良いと思います。その意味で
は自転車が便利かもしれません。
迫力ある離着陸を見たい場合はRW01/19付近で、離陸後の旋回シーンや、着陸
前のコンバットブレイクなどを追う場合は、いろいろ探しまわってみて下さい。
そのうちに「同好の志」が集まる場所を発見できるでしょう^^&*^^*

使用滑走路がどちらになるかを知るには無線機が有効ですが、まあ、はじめの
ウチは航空機がどちらに上がって(降りて)いるかを見れば分かることですし、
天気予報の風向きでだいたいの見当は(※)付くでしょう。
(※北/東よりの風なら01、南/西よりの風なら19)

無線でRWを判断する場合は、ATIS(Automatic Terminal Information
Service,246.80MHz)を聴くのが一番簡単です。風力風向、気圧等の気象情報
や、滑走路の状況等を24時間態勢で流しています。
一時間ごとに同じ内容をエンドレスで流していますので、ABL(Air Band
Listenning=航空無線受信)の入門にも好適だと思います。

【解説】ATISについて

カメラは、300 mm以上の望遠レンズが好ましいですが、P-3Cなどの大きめの
機体なら、135mm程度でも何とかなります。
ちなみに、このHPで公開している写真は、初期のものは、Panasonic FZ2(35~
420mm)という200万画素のデジタル一眼レフ(モドキ)カメラで、
2008年頃からは、Canon 10D + EF300L(F4.0)で撮影しています。

ところで、神奈川県綾瀬市のHPによれば…

【所在地】
>神奈川県綾瀬市無番地
>綾瀬市深谷、蓼川、本蓼川
>大和市上草柳、下草柳、福田
>海老名市東柏ケ谷

とあり、厚木市は入っていません。なぜ「厚木」の名称が使われるようになった
かは、はっきりとした説は無いようです(この点は実にアメリカ人らしいですね;

最後に…大事なことなんですが、基地周辺に住む人たちにとって「厚木」は必ず
しも好ましいものではありません。日常的な騒音問題や、航空機の墜落事故で亡
くなった方もいらっしゃいます(昭和39年9月8日、大和市上草柳で、 厚木基地
所属の米軍ジェット機墜落(住民5人死亡、3人負傷、4戸全半壊)や昭和52年9
月27日、横浜市緑区荏田町で、 厚木基地所属の米軍ジェット機墜落事故(住民
2人死亡、7人重軽傷、3戸全半壊)などの悲惨な事故が起きています)

飛行機が好きで見にいくのは自由だと思いますが、そういった複雑な背景もある
ので、現場では節度ある行動を心掛けましょう。以上、僕のあとに続く人へ…
[PR]
by d-back | 2005-10-31 11:30 | 厚木基地情報